高血圧治療薬のノルバスク(アムロジピン)

日本の高血圧患者は、予備軍を含めると1000万人を超えそうなくらい多くなっています。
そんな高血圧の患者さんが血圧を下げて、血圧が高いことによる血管のダメージを抑えて、脳や腎臓や心臓を守るためには、薬物治療が必要にあることもあります。

高血圧の治療に使われる降圧剤にはいろいろな種類や様々な商品がありますが、その中でも医師がよく処方するのはノルバスク(商品名はアムロジピン)です。
1993年に発売が開始された降圧剤で、カルシウム拮抗薬の種類に属します。

カルシウム拮抗薬は、血管に直接働きかけて血管を広げることによって血圧を下げるので、確実に血圧を下げることができるという点が大きな特徴です。
血管に直接働きかけているということは、その分、余計なことはしないというメリットもあります。余計なことをしないから、副作用も少ないです。

その中でもノルバスク(アムロジピン)は、第3世代と呼ばれる比較的新しい降圧薬です。
第一世代から改良を繰り返してきて第3世代になっているので、安全性も高いです。現在、ノルバスクは多くの製薬会社からジェネリックも出ています。
日本だけではなく、世界中で高血圧の治療に広く使われている降圧剤の一つが、ノルバスクです。

そして、作用時間が長いので1日1回の服用でOKという点も、服用しやすく飲み忘れが少ないので、好まれる理由の一つでしょう。
血液中のノルバスクの濃度が半分になる半減期は約35時間と、カルシウム拮抗薬の中でも最も長い降圧剤です。

2.5mg錠や5mg錠や10mg錠以外に、それぞれのOD錠もあります。
OD錠と言うのは口腔崩壊錠とも呼ばれるもので、口の中に入れると唾液で自然に溶けてくれる錠剤です。
水がなくても飲めることや飲みこむことが困難お年寄りも楽に服薬できます。

これらの特徴を考えると、ノルバスクは血圧をしっかりと下げたい人や服用回数が少ない方が良い人、世界で広く使われている薬がベターだという人や副作用が心配だという人、OD錠を使いたい人などに向いていると言えるでしょう。

災害に備えてノルバスクなどを通販で常備しておこう

水がなくても服用できるOD錠があるということは、飲みこみにくい人だけではなく、災害時にも非常に助かります。
阪神大震災や東日本大震災や熊本地震では、いずれも多くの被災者が水の確保に苦労しました。

やっと水が手に入っても大半がトイレを流すことに使われるため、薬を服用するために水を飲まなくてはいけないというのは、非常に心苦しいことでした。
また、薬は何とか持ち出せたり避難所の医師から処方してもらえたりしても、水が調達できないために服用できないのでは困ります。

水がなくても飲めるOD錠を置いておくと、水の確保が大変な災害時も安心です。

そして、自宅だけではなく職場にも薬を常備しておくことをお勧めします。
急な出張などの時も、一旦家に帰ることなく、そのまますぐに薬を持って出張に行けます。
朝、寝坊してしまって薬を飲むことなく家を出てしまったという時も、職場に着いてから服用できます。
朝の薬を飲み忘れたまま夜まで仕事をするというのは、何かと不安で仕事にも集中できないでしょう。こういう時、職場にも常備しておくと安心です。
また、このようなことはあって欲しくはありませんが、万が一災害で自宅が倒壊したとしても、職場に薬があったので助かったという人も多いです。

医師が処方してくれたものと同じものを通販で購入して、予備として常備しておくのが賢い方法です。
処方箋がないと街の薬局では手に入らない薬でも、自己責任のもと通販で購入して服用することは可能です。

災害時は些細なことが大きなストレスになります。
いつも飲んでいる薬がなかなか手に入らないという事態に陥ると、それが原因で血圧が上昇するリスクも抱え込んでしまいます。
災害時に備えて、通販で予備を常備しておきましょう。

外部サイト

ノルバスクを取り扱う通販サイトに@通販があります。
@通販はノルバスクのほかにも多くの高血圧治療薬を取り扱っており、ユーザの満足度も高いのが特徴です。
ノルバスク5mg@通販