高血圧治療薬のメインテート(ビソプロロールフマル)

高血圧と心臓の働きは深い関係があります。
激しい運動をすると心拍数が上がりますが、これは体中に酸素や栄養を届けようと心臓がたくさんの血液を送り出しているためです。
たくさんの血液が血管を流れることで血管壁には強い力がかかり血圧が高くなります。
そこで心臓の働きを抑えて心拍数を下げることが出来れば、血管にかかる負担を減らすことが可能となります。

メインテートは有効成分がビソプロロールフマル塩酸で、高血圧や狭心症・不整脈といった治療に使われる薬です。
メインテートの働きは運動などをしているときに盛んとなるβ1受容体に作用し、その働きを阻害することで心拍数をさげる効果があります。

運動をしているときに心拍数が上がることは問題ありませんが、動脈硬化によって血管に弾力がなくなっていたり細くなっていたりすることも心拍数を上げてしまうこととなります。
特に狭心症においては冠動脈が細くなっており、心筋細胞へ血液を送り出すことが十分ではありません。
酸素や栄養を十分に補充できない状態で心筋細胞が活発に動けば、酸素・栄養不足を招き、痛みを発することとなり、心筋症の発作となるのです。

不整脈のなかでも頻脈といって脈拍が早すぎる状態においても血圧が高くなります。
頻脈で心拍数が増えてもこの拍動は弱いものであるため十分な血液を送り出すことはできません。

つまり運動・重労働以外で心拍数が上がってしまう場合、メインテートの働きによって心拍数に影響を与えることが治療につながることとなるのです。
働き過ぎる心臓の動きを抑えれば高血圧の治療につながり、心拍数を抑えて心筋細胞の酸素・栄養消費量を抑制すれば狭心症の発作を予防することとなります。
不整脈では弱い心臓の拍動を抑えることで、従来の力強い拍動を取り戻すことが出来ると言われています。

メインテートは心拍数に影響を与えることにより、高血圧・狭心症・不整脈を治療することが出来る薬として処方されているのです。
ところがこのメインテートのジェネリックにおいて市場への安定供給が一時停止に追い込まれたことがあります。

成分が入手困難でメインテートがなくなる!?

メインテートの有効成分はビソプロロールフマル酸塩です。
この原薬は各製薬メーカーと契約した原料製造所が作っています。
ひとつの製造所において複数の製薬メーカーと取引をしていることも珍しくなく、この製造所で何らかの問題が発生した場合には製薬メーカーの工場が正常に稼働していても原料不足により薬の製造ができなくなるのです。

メインテートのジェネリックにおいても、製造所の問題でビソプロロールフマル塩酸の安定が入手困難になったことがあります。
薬剤は厳重な管理のもとで製造しているためすぐに代替えできる製造所が見つかるわけでもなく、新しい製造所を確保しても国への追加登録や変更申請を行わなければなりません。

現在日本でも薬価の高い先行薬より、効果が同等で薬価の安いジェネリックを選ぶ人も増えています。
ところがジェネリックの販売が停止に追い込まれた場合、治療に必要不可欠な患者は先行薬であるメインテートを使用せざるを得ない状況となります。
そのためにメインテートの需要が増えて入手困難になることもあります。

ただし現在ではジェネリックにおいてもビソプロロールフマル塩酸の供給は安定しており、病院や患者が安心して治療を受けられる状態は整っています。
こうした原料の供給が不安定になるといった問題はビソプロロールフマル塩酸だけでなく、他の原料についてもたびたび問題となっています。
代替製品が豊富な場合は大きな混乱となることはないのですが、代替製品が1つしかない場合などは患者にとって非常に不安になることでしょう。

原料を海外製造所から輸入している場合に多く見られるこういった問題は、製品の安全性・安定供給ともに注視していく必要があると言われています。